スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゲームセンターCX24 課長はレミングスを救う 2009夏を購入&感想

CIMG1871.jpg

24時間番組がまさかDVDになるとは思わなかったですw

続きを読む>>

スポンサーサイト

ゲームセンターCX #101 復活!!「ゴルゴ13 第一章 神々の黄昏」の感想

cx01.jpg

CXキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

続きを読む>>

ゲームセンターCX #98 機長課長「パイロットウイングス」の感想

CIMG0414.jpg

まさかの戦闘展開には見てるコチラも驚きですw

続きを読む>>

ゲームセンターCX #97 死闘再び…「共に闘え!!「忍者龍剣伝II 暗黒の邪神剣」」の感想

CIMG0324.jpg

ゲームセンターCX #97 死闘再び…「共に闘え!!「忍者龍剣伝II 暗黒の邪神剣」」の感想です。

続きを読む>>

ゲームセンターCX #96 死闘再び…「忍者龍剣伝II 暗黒の邪神剣」の感想

CIMG0223.jpg

鳥ぃー!;

続きを読む>>

ゲームセンターCX #95 時代が追いついた!「2010ストリートファイター」の感想

ゲームセンターCX #95 時代が追いついた!「2010ストリートファイター」の感想です。

100106_0025~01


続きを読む>>

ゲームセンターCX #94 課長は運転手「電車でGO!」の感想

ゲームセンターCX #94 課長は運転手「電車でGO!」の感想です。

091209_0059~01


今日のゲームセンターCX電車でGO!でした。

 山手線が百周年だったんですねー。それほど長い歴史を持つということは凄いことですねぇ。
とりあえず挑戦内容は山手線の渋谷から東京までをノーコンティニューで運転することでした。山陰線とか色々な路線が入っているのもまた凄いですねー。肝心の有野さんは暴走ぶりが凄く、急発進急停車、信号無視や停車位置が大幅にずれたりと、凄く面白かったですねw というか笑いすぎましたw

 江本が駅員のコスプレをしていたり、有野さんに駅員の格好をさせたりわざわざ前方確認をさせたりするのも面白かったです。後半はあまりそのシーンが見られませんでしたがカットされたのかな?ゲーム自体も電車運転シミュレーターとしては面白そうですね。私は電車運転も知らないし電車でGO!もやったことが無いのでよく分からないのですがちょっとやってみたいかも?とは感じました。

 たまげーは中山のスト2がまたもや披露されましたねー。江本がシューティング苦手というのも意外です。何が得意なのかな?今日はゲーム紹介ばかりでイマイチ盛り上がりに欠けましたね。もったいないカラーが無いのも残念!

 途中で電車模型を使った説明が出てきたり山手線の上を走っている電車を東急だと見抜いたりと…スタッフの中に鉄オタがいますねww 誰だ詳しいの!

終盤はやはり単調なゲームに盛り上がりを見せるため駅弁勝負になっていましたね。個人的にははまぐりが入った弁当が一番美味しそうに感じましたねー。ゲーム自体は単調ですが有野さんの珍プレー等でまったりのんびり楽しめました。いつもの緊迫感が無いですがまあ今年最後だから別にいいかな?

来年もゲームセンターCXを楽しみにしております!


にほんブログ村 ゲームブログへ
記事が良かったら押してくださるとアリガタヤ-( ・∀・)

ゲームセンターCX #93 本当の試練!『風来のシレン』の感想

FC2エラーでブログ更新出来なかった…。最近のFC2は少し貧弱になっていませんか?無料で使わせて貰っているのであえて文句は書きませんが記事更新中とかだとかなりショックな事態に陥る恐れがあるというのに…;

ゲームセンターCX #93 本当の試練!『風来のシレン』の感想です。

091125_0041~01

いやぁー…最後まで行って死んだら最初からやりなおしというものは緊張しますね;
モンスターハウスは過去にトルネコの方で何度も体験したので思い出深いですねー。
江本のバックアップ方法には感動しました。実質無限じゃないですかっ!まぁーそれくらいしないとクリアは難しいゲームですけどねー;

ガイコツまおうが怖いです;; 眠らせて殴ってくるというのが何とも鬼畜;; 見ているこちらがヒヤヒヤさせられます。敵を燃やすかどうするかの二択は面白かったです。結局はHP1空腹状態なのでどうしようもないという事実!w

最後の大きい虫は何ですか驚きです; アイテムを携えて万全装備で行かないと無理でしょ!周りの敵に転ばせられるというのも何という鬼畜仕様。最後の方まで来ると有野さんも慎重になっていたおかげか、凡ミスがありませんでしたねー。その代わり罠の連続などで楽しませて貰いましたがw

今日のもったいないカラーは…全然知らないぃー;;
四人で並ぶシューティングゲームは面白そうでしたね。

個人的にはスカパー!アワードの方にもうちょっと焦点を当てて欲しかったですね。何故カメラマンがw

次回は一世を風靡したプレステソフトのこと!なんだろう…?見当がつきませんw

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事が良かったら押してくださるとアリガタヤ-( ・∀・)

ゲームセンターCX #92課長の試練!?「風来のシレン」感想 と 週刊トロ・ステーション

 ゲームセンターCX #92課長の試練!?「風来のシレン」の感想です。
 
091111_1837~01

 挑戦ソフトは不思議のダンジョン2風来のシレンですかー。有名なゲームですがやったこと無いですねー。トルネコの大冒険の方はかなりやりこみましたがね!

 番組の感想は…。有野さんもうちょっと考えて動くべし!このシリーズは1回ずつ行動を考えて行くゲームなので有野さんのやり方じゃキツイッス!まぁ面白かったですけど^^
特にピンチの時におにぎり食べていたり仲間が死んで囲まれてピンチになる所は笑えましたねw そして武器を装備し忘れるトコは爆笑でした。あーあるある的なw

091111_1836~01
 まぁこの時代のゲームは一日やりこんで終わるようには出来ていないので延長は仕方ないでしょうねー。合成の壺が何回もゲームオーバーしないと手に入らないという時点で察しがつきますがw

 もったいないカラーにカエルの為に鐘は鳴るキタ━━(゚∀゚)━━!!!!!導入長いから速攻で紹介出来るものじゃないですよ!ww 音楽懐かしいなぁー。じゃんけん印象があったのですねー。主に人間で旅しているゲームなのであまりそういう印象は無かったです。たまゲーの影を消して女性を出させるゲームが純粋に面白そうと感じてしまった( ゚∀゚)o彡゚ おっぱい!おっぱい!

091111_0059~01

 なるほどゲームボーイ版のロックマンは敵が大きかったのですか…初めて知りましたーw
私がプレイしたのはロックマンワールド5ですねー。当時クリアしたのかよく覚えてないのですがとにかく難しかったと記憶がありますw


んで、週刊トロ・ステーションはじまり!

01_20091111194251.jpg

 本当にホームレス状態だなぁーwwww とおもいましたが子供心的に秘密基地っぽい感じがしてこれはこれで味がありますw
ポスターに制限加わったのが痛いですね。あと折角買ったカーテンや床が使えないというのがウザい!!!隅っこのタイヤやブロックももどかしい!こたつから酒箱になっている…絶望感…;;; ソニーさん可愛い猫に半端無い仕打ちですっ!;;;
 というわけでミクとアイマスを大きく貼り、平八トロフィーを高らかに配置しました。鉄拳6でも何かくれないかなー;

02_20091111194334.jpg

 そしてお庭。ダンテやエーデルワイスやメタルギアがトロの家を警備しているように配置!これだけ揃えばどんな泥棒が来ても一網打尽!(笑)
 ショップ行っても殆ど有料会員専用というのがキツいですねー。月額課金だと800円分頑張って使わなければならないのが辛いです。コスプレゲームが出来るのは嬉しいですね!カートやテニスにはまってしまいましたw ニャバターが何故か裸になってる!;

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事が良かったら押してくださるとアリガタヤ-( ・∀・)

ゲームセンターCX #91アリノくんと「カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄」感想

ゲームセンターCX #91アリノくんと「カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄」の感想書きます。

 カケフ君って誰だろう…という第一印象。親も知らないそうなのできっとマイナーな芸人なのでしょうねー。そもそも現在コンビニ経営者という時点で花が咲かなかった芸人と判断出来ますねw
 さすがビック東海…見事なクソゲー!w
 ダッシュが猛烈に早く、コントロールが難しそうであり、奈落へ落ちやすい仕様になっていますねー。しかも三時間でクリアというのが厳しい!ボス戦は簡単、道中は激ムズというのもなかなか難しそうでしたね。有野さんのリセットプレイの根気も素晴らしい!短時間で未見のステージをサクサク攻略していくのはどう考えても無理でしょうねー。有野さんが1ステージ毎にかかる時間を計算しているあたりを見て何となくギブアップだなぁーと思ってましたw
 プリンス・オブ・ペルシャの時はコンティニューでやり直せたから良かったのですがこれは…。
 江本さんグッドエンディングお疲れ様です!

 凄く楽しみにしているもったいないカラーはRPG紹介でした。ゲームボーイ時代の容量と画面の小ささ的に限られた字数と平仮名で表現される文章が出てくるRPGは当時斬新でしたねー。全て平仮名で世界観説明、イベント台詞を分かりやすく表現されていたので、現代の台詞の多いRPGに比べると“必要な事だけを読み手に伝える文章”がとてもハッキリとしていましたねー。

 そんなゲームボーイRPGのなか、私がゲームボーイ時代にはまったRPGはこれです!

091028_2301~01

カエルの為に鐘は鳴る
 1992年に任天堂から発売されたRPGです。ライバル関係にあるサブレ王国の王子(主人公)とカスタード王国のリチャード王子が、さらわれたミルフィーユ王国のティラミス姫を救出に行く物語です。
 全体的にギャグ色が強く、主人公はライバル王子にバカにされつつも金にものを言わせて道を切り開いたり、カエルやヘビが存在する世界観の中、主人公がカエルやヘビに変身することが出来たり、カエルがヘビに弱いといった特性や物語が上手く作られていました。主人公が面白かったのが良かったですねー。

カエルのために鐘は鳴る
 
 フィールドを歩き、敵と接触した際には画面が切り替わらず、そのまま戦闘開始します。基本的に何も操作する必要が無く、とてもスムーズにゲームを進行出来て、とても快適です。強化アイテムを取り強くなると瞬殺したり敵を吹き飛ばすといった豪快な演出が見られるのもまた面白かったです。
 ダンジョン内は横スクロールになっており、際どいアクション性やパズル要素がてんこもりなので、かなり難しいです。溶岩に落ちて何回も何回も死んだ記憶が蘇ってきます…(汗)
 ボス戦の概念も基本的に強化アイテムを取っていけば勝てる仕様になっているので、そのあたりはとても優しい配慮がされています。逆に言うと取り逃しているアイテムがあると先に進めないわけですけど(笑)

 あとは音楽も素晴らしいです。メロディーが頭に残っています(思い出補正かもしれませんがw)

 温泉で卵を買ったり…ワサビの原産地でムカデを倒したり寿司を食ったり…火山で仲間と穴掘りをしたり…雪原でカエルとお話ししたりマンモスを操ったり…とにかく思い出深いRPGです。思い出補正もありますが是非オススメです!


スパロボと鉄拳はおそらくkonozamaな予感がするので明日には感想を書けないかも;


にほんブログ村 ゲームブログへ
記事が良かったら押してくださるとアリガタヤ-( ・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。