スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEを観た感想

IMG_2988.jpg

奇跡のコラボが映画館に帰ってきた!

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEを見に行ってきました!
公開初日!
2009年に放送されたテレビスペシャルから4年…まさか映画になるとは思いもしなかったよ!

ルパンの世界観にコナン君がお邪魔していく前作とは逆に、コナン君の世界観にルパンが入り込んで謎解きをしていく、コナン映画らしい面白さがありました。
ルパンファミリー、コナンファミリーそれぞれに多く出番があり、よくぞまとめたなあと感心させられます。
それでいてルパンのお約束、コナンのお約束それぞれを踏襲しており、とても濃厚でボリュームがあり、素晴らしい映画です。おすすめですよ!
オープニングのナレーションがルパン側をコナン君が、コナン側をルパンが解説するセンスが良いですね!w
ルパンは初代OPのパロディが多くて面白かったですw

米花町を騒がす怪盗ルパン
キッドがワルサーをぶっ放したり煙草をくわえるとか奇妙な光景を見せてくれるという演出は凄く良かったです。
銭形率いる大量の警官から逃走するシーンがルパンらしくて笑わせてくれました。そこに佐藤刑事や高木刑事も入ってくるというシーンがとても新鮮!佐藤刑事の危機を救うルパンはとてもかっこよく、しびれました。女性を助ける、そんなところがルパンのかっこいいところです。
米花ショッピングモールで野菜を投げたり魚で撃退したりするドタバタさがまた楽しかったですw
駐禁くらう銭形も良い味出してますw
目暮たちの捜査に対し、銭形の直観を駆使した捜査との対比もまたシュールで面白いです。

マフィアの闇取引を阻止するコナン君
事件という事件に首を突っ込んでいく様は安定のコナン君!
冒頭で斬鉄剣にやられたり、サスペンダーで蘭を救うアクションも凄かったです。こんな危ない目にあってこそのコナン君ですよね!蘭救出シーンというお馴染の展開も見事見せてくれました。
テレビスペシャルからの流れで、次元パパとの組み合わせがとてもニヤニヤさせられます。おおおおおおおコナン君可愛いよぉおおおおお(えー
次元もコナン対策としてコナンメモを用いての反撃がもう面白くて面白くてこの親子のやりとりをもっと見たいと思わせられます!(*´Д`)
次元のマグナムとコナン君のサスペンダーによる間一髪の救出コンビネーションプレイは鳥肌ものです。
少年探偵団もしっかりとお仕事していてなごみますな。

不二子ちゃんと灰原の入浴シーン
前作のお色気担当が蘭だったのに対し、今作は灰原か!何故か一緒に入浴してて攻め気味な不二子にたじろぐ哀ちゃんとか…哀ちゃんなんてエロい声だしてるの!もっとっ!もっと!(*´Д`)
入浴シーンは原作者も絵コンテに口出し手出ししたとか…剛昌ぉぉぉおぉおおおおおおおぉぉおお!……一生ついてきます!(*´Д`)ハァハァ
これもルパンとのコラボだからこそ見られるサービスシーン!ありがとうルパン三世!(笑)
サービスシーンと織り交ぜて、アポトキシンや、黒の組織の事について不二子ちゃんと灰原のシリアスなやりとりは凄く新鮮で、灰原の薬に対する思いは感動してしまいました。
灰原が実はハーレーに乗っていたなんて事実も判明したり、そのハーレーで警察の車を踏み台にしたり、この気持ちの良い豪快なアクションが最高でした。これもルパンとコラボしたからこそ見られる面白いシーンであると思います。
謎多く裏切りを見せてくれる、不二子と良いコンビネーションを見せてくれた点が良かったです。

クライマックスのアクションシーン
テレビスペシャルで不足していた次元五右衛門アクションもたっぷりと見せてくれましたよ!
次元の早撃ち、五右衛門の斬鉄剣で装甲車の弾を弾いて滅多切り、どれもかっこよくて惚れ惚れしますね!何というか、この場に居合わせるコナン君のタフさは凄いと思う。w
タフさといえば銭形警部。装甲車に車で突っ込む無茶ぶりが素敵すぎますw
なんといっても死者を出さないように配置を考えていたコナン君が凄い。こうやって先の先を考えて行動しているという展開がコナンらしく、そしてハチャメチャかっこいいアクションがルパンらしく、ふたつのコラボが良い味出しいていたと思います。またつまらぬものを斬ってしまった…。

最後は戦闘機ミサイルにまで狙われることになり、ルパンでは日常茶飯事であってもコナンにとっては史上最大の危機でハラハラドキドキでした。最後の最後でそんな場面が来るあたりが非常に良い展開!
ルパンとコナンの操縦テクや臨機応変の対応で窮地を脱出する展開は胸熱でした。
最後はヴェスパニア鉱石が登場し、テレビスペシャルを知らない人にはちょっと辛い展開ですが、それでもコナン君のクライマックスの麻酔銃の一発が非常にグッときました。
コナン映画らしいアクションがありつつ、国復興のためという敵の目的がルパンらしいお話。

自滅する敵を助けようとするコナン君に対し、「諦めろ」と阻止するルパンは、ルパンとコナンの作品の違いを思い知らされる深いシーンでした。
ハードボイルドなルパンらしく、子供向け漫画のコナンらしい展開。よくぞこんな2作品がコラボしたなぁと改めて思わされました。

車から戦闘機に至るまで全体的にメカがすべて手描きだったのが凄い!いつものコナン映画やルパンSPはCGだったのに…。
クラシックカーのパースや、スケボーの流動的な動き、飛行機や戦闘機の旋回まで手描きの連続で映像的に非常に見応えあるものでした。
最近のCGは凄いですが、やはりパースは手描きですよね!

この奇跡のコラボ、また見られるといいですねぇえええ!

IMG_2989.jpg

パンフレットの、ルパン史とコナン史は改めて勉強になるところもありました。
読み応えある内容なのでおすすめですよ!

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://precurefight.blog77.fc2.com/tb.php/2706-e37febfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。